ふるさと

suenaga_yuuna

大阪まいどMAXの帰り、阪急東通り商店街の屋台で。あるタレントさんのファンの方がこんな事を仰っていた。
「俺はあの娘には、辛い事は何も経験せんと、綺麗なものだけ見て、楽しくて美しい思い出だけ故郷に持ってかえってほしいと思ってる」
判るような気がした。
物凄く、美しく、優しく、残酷な言葉だと思った。

続きを読む

uesugi_hiromi.jpg

京都、市街地でも雪が積もっている。
今年の冬、こんなに積もっているのは初めてだろう。

今シーズン、最後の幕が上がる。

行くべき処、行きたい処、俺がすべき事、俺がしたい事
よくわかんないんだけど

俺は雪を見ている

敷居というもの

KANA

画像は07年2月頃のKANAちゃん。

先日のライブの後、少しだけこの娘と話す機会があった。
俺がこの娘にふと漏らした言葉
「不思議なもんだ、今や俺の連れ(友達)とかとあんまり変らへんのにな」
少しあの娘は気分を害したようで俺の言葉を遮るように答えた。
「でも、あたし頑張るねん」

俺としてはそんなつもりで言った訳ではなかったのだが、「落ちぶれたな」と言われていると彼女はとったと思う。
元から、そんな事は思っていない。
続きを読む

辞めるためになるもの

hamada_kou

画像は07年10月21日浜田コウちゃん。コウちゃんはいい(笑)撮っている時も萌えるがRAW現像してるだけでも興奮する(爆)

今月(07年11月)はこの娘を含め近頃お世話になってきた(変な意味に取らないように)タレントさんにお会いする事はスケジュール的に難しそうなので残念ではある。
もっとも、その「原因」であろう「現場」での自分の必要性もあまり感じない。俺の「あの娘」の歩みを見守り続けていきたいという気持ちに変わりはないのだが、何時まで続けられるか、それは判らない事でもある。

特に「削除」とか「撤退」とか決めたりしなくても、こうやって自然にFadeOutしていくものなんだろうなと思ったりする。

ヲタというのは辞めるためになるもの。
そんなところか。





はっぴーえんど

PICT0260.jpg

画像は06年7月の結城かなちゃん。
今はもうKANAさんなのだが、彼女らの路上ライブを見てきた。

彼女は実にしっかりと「立っていた」と思う。
詳しくは後日、画像付きでアップしたいと思います。


続きを読む

夏休みはもう終わり

結城かな画像



「ほんとのこと」が知りたいという話は以前も書いている
この「モデルさんの休養」の真相をファンである彼が知りたいのは当然の事としても、
俺が言ってる「ほんとのこと」というのは単純に事実関係を確認したいという事じゃない。
実のところかなり漠然としたモノに過ぎない。

ほんとのこと知りたいだけなのに、夏休みはもうおわり
(Frippers'GT)


世の中の事のたいがいは本当は何も結局「判らない」で終わる。それが「ほんとのこと」、
人生なんてそんなモノかもしれない。
この歌のように「ほんとのこと」なんて、思春期的感情に過ぎないのだろう。
彼女達と客(ファン)の間で考えても仕方の無い事というのが正論。
そもそも
目の前で起こってる事のみがどちらにせよ「真実」で「ほんとのこと」なんてどうでもいいのかもしれない。

俺の夏休みは何時になったら終わるのだろう。
ワラ



ほんとのこと

結城かな画像


深夜、電話があった。
何の用かと思ったが、彼の「お気に入りのモデルさん」の撮影会の予定がスッパリと消えているとの事。
確かに出演者が変更になり彼女の名前が九月の予定から無くなっていた。
つい先日も撮影会の出演予定が直前にキャンセルされたし、有料チャットの予定も入ってない。
唯の体調不良かもしれないが、最悪このまま彼女が消えてしまうのなら、コンタクトをとる術を恐らくは持たない彼は何も判らないままに終わる事になる。
彼女達タレントと単なるファンに過ぎない俺等の間には当然の事ながら敷居が存在する。それはけしてこちらからは越えられない、この辺りは程度の差はあるかもしれないが以前自分が熱心に応援していた小倉優子さんとかと変らない。
「この出来事」で判るように「ほんとのこと」ってのは結局判らないのかもしれない。

「夏休みはもうおわり」

アイヲタ孝

結城かな画像

とりあえず姫様(結城かな)

小倉優子さんと”よいこ”濱口氏の熱愛報道だが、随分と昔から一部では囁かれて来た事だし、こちらが冷却期に入ってる事もあり、個人的に特にショックは無かった。
「やり方にもよる」のだろうが芸能活動全般への影響も無いと思う。
むしろ以前から続く「煮え切らない感じ」の展開の方が俺は心配だ。

誤解を恐れず言うなら、
「優子さんに彼氏は居ない」とか、そもそも思ってなかった。
かなちゃんに関しても、
姫(かなちゃん)に恋はしているし、「その様な事」をわざわざ目の当たりにしたくはないにせよ、
「彼氏は居ない」とかそんな事は特には思ってない。
この恋は
「疑似」は「疑似」だけあって、ある意味「純粋」で「愚か」しく「幼い」ものなんだと思う。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。