あけましておめでとうございます

kana071227_01.jpg

静かに新年を迎えています。

良い一年でありますように、お祈り申し上げます。

from2007to2008

2008-01-03

kana

このblogで07年から08年で一番大きい出来事はかなちゃんが去って、KANAちゃんとして帰ってきた事だろう。

続きを読む

浜田コウ/彼女の故郷

2008-01-04

hamada_kou

京都府は南北に長い。
浜田コウちゃんの故郷京都府◯◯◯では、雪が積もっているようだが、俺の住んでいる此処京都市内では雪の欠片もない。

JRだと山陰線から、「第3セクターの電車」へと乗り継ぎ2時間半。
京都経由で帰ったなら俺の近くも通ったのだろう。

CD_FILE

2008-01-05

uesugi_hiromi

画像は記事とはまるで関係のない上杉弘美さん。

blogに引用した自分の持っているCDをまとめていくページを造っている。
ヘッダーのナビゲーション、囲み記事のリンクから入れる、

本当はAmebaでやろうかとも思ったのだが、あそこはデザイン的に自由度が低いのと、このblogですらまともに更新出来ていないのに無謀だと思い辞めにした。

今でも月に何枚かは新譜を買うが、造っている本人が最早おっさんなので古くさく、また趣味的に偏ったものになっていくだろうとは思うが、その辺りに関してはまた別稿にて述べる。
ますます、混沌として何がやりたいのか全く判らない感じだが、こういう事がしたいのだよ。
まぁ所詮は「俺軸」です。

080106大坂まいどMax

2008-01-07

mizuno_chiharu

07年01月06日大坂まいどMax2008あけおめSP撮影会
2・4部+新年会
(サンスタジオ)
末永ゆうな*水野ちはる*中山佐和香*澤井玲菜

1部の野外の晴れ着撮影は参加者が多く、20人位はいたらしいが、自分が参加したスタジオの部は全てシングル、9人以下。
このメンツだとこんなものだろうか。

続きを読む

昨年1月の撮影会

2008-01-08

kana

丁度一年位前、07年1月7日、写真の現KANA(当時:結城かな)ちゃんを含む3人の女の子の撮影会があった

続きを読む

水野ちはる/人と言葉

2008-01-13

mizuno_chiharu

画像は水野ちはるさん、こう見えてとても頭の良い娘さんだ。
「敬語厳禁、タメ語でOK」DVD参照。
なのだが、とても綺麗な言葉を使う方だ、
昨年までよく知らなかったので、最初は敬語で話しかけて下さっていたが、とても綺麗な言葉だった。
image-DVD

Strength
2007
出演:水野ちはる



写真を撮る事

2008-01-14

suenaga_yuuna

写真を撮る事は面白い。
KANAちゃんと出会う以前から一応撮っていたのだけど、基本的に「写真は他の人が撮るもの」だった。
写真を写真として自分が撮ろうと思った事なんてあの娘と出会うまでなかったと事だと思う。

「あの場」でちゃんと撮ろうというのは困難だし、(撮影会と言う名前がついてるくせに)お門違いかもしれない。
物足りなくなってしまう日もそう遠くないな、と偉そうな事を考えながらもMaxとかでも今の処楽しい。
あの娘の為に身につけようと思った技術をあの娘の為に使えないのは、とても悲しい事だけど、
ある程度、準備をしてからファインダーを覗いていないと、画像の末永ゆうなさんの良さというのは俺には判らなかったと思う。
写真は面白い。



Superblast

2008-01-15

kana070211.jpg

2008年のヲタ生活。
元からヲタ事と他の事を区別していないので、特に削減もする気はありません。
区別があるとすれば生活する為にする事とそうでもない事、こういう思想自体、社会人としては失格なんだろうな。
Superblast

Spooky
1992
lush

俺軸

2008-01-18

kana070211.jpg

誰でもそうだと思うが、「自分」の中では色々な事が混在している。
極端な話、ゴーギャンと今自分の前でうたた寝をしている見知らぬおじさんでも同じ事。
同じように語れるし、そうあるべきだと思う。

与えられたものを消費、浪費していくだけが能じゃないだろう?

080120大坂まいどMax

2008-01-21

uesugi080120_03.jpg

08年01月20日大坂まいどMaxあけおめSP撮影会
(大泉緑地/サンスタジオ)
上杉弘美*海川ひとみ*中田ひとみ*伊藤結美

参加者数1部20、2部11、3部15、4部20、新年会15くらいだったとおもう。この日のプログラムなら予想通りの人数推移だろう。
OMD_Maxは東京などと比べ全般に参加者数は多い。
撮影という点から見るとこれくらいが適正数だとは思うが、あちらにしてみれば交通費やスタジオ代、アバンのギャラを考えると、多少苦しい所なのかもしれない。
続きを読む

伊藤結美/それは言わない約束

2008-01-22

itou_yumi

08年大坂Maxの伊藤由美さん。
この娘は可愛い。ファインダー越しに見るとちょっと感動するくらいに可愛い。
ふと永作博美を思い出したが、それくらいは可愛い娘だ。

という様な話しをMaxスタッフのS-BA2氏としたが、彼はribbonで永作と一緒だった佐藤愛子(どうしているのだろう)と同窓だそうだ。
それは言わない約束

ribbon BEST
2001
ribbon

上杉弘美/鳩が鳴く時

2008-01-23

uesugi080120_02.jpg

08年1月20日大泉緑地での「アバンギャルド最後の妹」上杉弘美さん、ひーたんである。
この日も自転車を鹿と見間違え、チームメイト某さんの名前を忘れ、相変わらず完全無欠の妹振りであった。

当日、野外の会場であった大泉緑地にはいつにも増して多くの野鳥が群れをなしていたのだが、画像は飛び立つ鳩の大群に怯えるひーたん(苦笑)

可愛らしい娘だ(笑)
When Doves Cry

Purple Rain
1984
Prince and theRevolution

zooomr2008Release

2008-01-24

Nakayama070930_01.jpg

画像は唐突に07年9月30日の中山佐和香さん。

このblogの画像は昨年07年の夏くらいから殆どがzooomrというオンライン写真サイトに保存している。そのzooomrのバージョンアップに伴い現在一部の画像が表示されなくなっている、新しく画像のアップロードも出来ない状態である。
上の画像はこのブログの画像スペースにアップロードしたものだ。

zooomrのページには、現在東京のサーバーにデーターを移している、それが終わり元に戻るまで数日かかると告知されている。
それまでは現在の状態が続くようだ。

080211TRICK and TREAT

2008-01-25

OMD-MAX071216103.jpg

TRICK and TREAT、KANAちゃんのライブが告知されている。

■08年2月11日(月・祝) 17:00〜

於;大阪梅田ESPエンターテイメント内「culbGARDEN」

入場料¥1,000-

詳細は
KANAぶろぐ「イェーフー!」

TRICK and TREAT HP「LIVE」

などで御覧下さい。

ESPの音楽学校のイベントのようだが、初めてリズム隊を加えたバンド形態で演奏するようなので楽しみではある。
成る程、彼はあそこの「講師」だったのか。

080127大坂まいどMax

2008-01-28

hamakou080127_01.jpg

08年01月27日大坂まいどMAX4部+新年会
(サンスタジオ)
浜田コウ*山口愛実*神田茉里奈*大道由貴

新年SP三本目。もはや当方は「やる気無し」だが何となく参加してしまった。
朝、起きるの辛いし、別に晴れ着撮りたくないし、4部の水着と新年会に参加。
ローテーションは前半、浜田、神田。後半、山口、大道で、立ちポジと座りポジを交代。まだ三本目だが予想通り今年一番の入り。昔に比べれば大した事ないが、それでも順番は回ってきそうにないので浜田さんとMN2のみ撮影した。
続きを読む

感動(T^T)

2008-01-29

kana080129.jpg

此処で詳しく書くのは止めておくが、気が付いてる人も少なからずおられるだろう。
mixiでこの事を書いたら、
「アメーバblogが障害でログイン出来なかったからだろう」というコメントをいただいた。多分深い意味はないのだろう。

俺は何で今さら、という驚きと共に、少し感動してしまった。
どうって事ない内容だけど、久し振りにあの娘らしい素直な気持ちにふれた気がして嬉しかった。

場所が「あそこ」だったからという事は否定しないし、馬鹿だと思う人は笑って下さって構わない。
先日のコメントといい、
こんな小さな喜びでも人は前を向いていけるのだなと思った。

無情の世界

2008-01-31

kaikawa070304_01.jpg

「無情の世界」というのはrolling stones「You can't always get what you want」の邦題。
この邦題が好きなわけではない。
このblogでは画像の表示に「Light Box Plus」というjava scriptを使用しているのだが、多分そのせいで記事タイトルに「’」が含まれていると表示が崩れてしまうのだ。

You can't always get what you want
But if you try sometimes you might find you get what you need.

You can't always get what you want

Let It Bleed
1969
The Rolling Stones


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。