もう10月だ

結城かな画像

10月になってしまいました。
ここ数週間しんどくて何もする気がしません。
用事を仰せつかった方、
特に「小倉関係」(誰ももうここを見てないかもしれませんが)申し訳ない。

web関係今月の目標

■このblogの整理。
特に結城かなスケジューラーを何とか形にできないかなと。

■「小倉サイト」
整理、閉鎖します。
わざわざメールで「けじめを付けろ」とか送ってきた阿呆がいましたが、
あんたなんぞに言われんでもそれくらいは考えてたちゅーの。

10月2日の日記

2006-10-02

結城かな


日記とは関係なく画像は姫様(結城かなちゃん)。

姫様はどうしてらっしゃるのでしょうね、
chatbiにも行けないし、撮影会も当分行けないし、、、
正直、このままFadeOutしようかって思ったりもする時もあるのですが、彼女がどうとかいうより、自分にそれだけの覚悟がありませんね、多分。


sae060618_01.jpg上原沙惠嬢ですが
CarGal.tv新メンバー公開オーディション

これで決まるとは思えないのですが
ちなみに何票でも入れられます(爆)
10発程、ぶち込んどきました。

061007Max撮影会/ハピハピかい?

2006-10-07

結城かな画像


06年10月7日Max撮影会3〜4部(Maxスタジオ)
結城かな*かせら*橋本舞*松星あき

今日こそは行くまい。と思っていたが、負けてしまった。
午前中仕事してからスタジオのみ参加。

■今日の姫様(結城かなちゃん)
結城かな画像3部(水着/Maxスタジオ)

御自慢のコーディネートらしく、「3部は見て欲しかった」とサイン会でも言っていた。
頭に(多分)ファーのマフラーを帽子風に巻いて、白のビキニに短いキャミソールみたいなのを重ね着、白いブーツ。
とても可愛かったし、かなり変った「服装」にもかかわらず自然に、上手くまとまっていたと思う。
Max勢の中でも飛び抜けて頭の小さい姫様でないとこういう感じにはならないだろう。

細かく見ていくなら、白いブーツ(Dr.martinみたいな編み上げ)の汚れが気になったりした、
足下にもフォワフォワ感が欲しいところですね。

結城かな画像4部(コスプレ/Maxスタジオ)

赤いポリス。
正直、俺の趣味ではない。
まぁそれはともかく、
他の人は喜んでたしいいんじゃない。



■今日の撮影
kana061007_03.jpg東京撮影会はスタジオでも途中でコスチュームチェンジがあるのが通例だが、モデル4名のため3部水着、4部コスプレで、コスチュームチェンジは無し。
前半(結城、かせら)後半(橋本、松星)で、各組、立ち、座りの2ポジションを交代。

スタジオだけだと辛いものがある。
撮影に関する「力不足」もあるし、昨夜から殆ど寝ていなかったので疲れてもいたのだが、何のアイディアもなく、単にシャッターを押していたような気がする。
何枚かは(自分にしてはだが)良いものも撮れていたが欲求不満だ。
かなちゃんより、マイマイを撮る時の方がより「何も考えてない」と思うのだが、
(よく回ってくるので撮影枚数も多いのだけど)
よく撮れてたりするから難しい。


■他のモデルさん
mai061007_01.jpg橋本舞ちゃん

マイマイである。画像は4部から。
なんだかんだ言って綺麗になったなと思う、
今日は素直にそう思った。

PICT0023.jpg松星あきちゃん

お初である。
飯田ともこ嬢とほしのあきを足した感じ。
明るそうな娘さん、画像は4部からだが彼女は3部の時の少しすました感じの方がいいなと思った。

kasera061007_01.jpgかせらさん

全てがいい。
かせら”ちゃん”ではなく”さん”と呼びたくなるエレガントさ、「天然」の可愛らしさ。素敵だ。

サインで「座る」と一気に「あちら」に行ってしまいそうなので辞めとこかな。


■おまけとまとめ
★スタジオだけだと撮影的にもコミュニケーション的にも辛いものが在る。
もう少し「姫様」の事について書きたいのだけど、「彼女」がどうだったとかまるで判らない。
実のところ皆さん「そんなもの」なのかもしれないと思ったりもするが。
サイン会も何となく終わってしまったし、あまり内容のある話は出来なかった。

実は
姫「なんで遅刻したん?」(スタジオしか行けなかったわけだが)
と聞かれた時、少しカチンときてしまった。
姫に甘えた感情、期待を持ち過ぎのような気がする。
少し距離(向こうからの距離は自明なわけで、この場合は自分の気持ちの上でという事になる)を置く事が必要なのかもしれない。そのためには少し参加するペースを落とした方がいいのかもしれないと思ったりもしている。

★昨夜から殆ど寝ていなかったので帰りはよく寝た。
PICT0471.jpg山手線/気が付くと1週半していた。
「鉄道の日記念切符」を使い「ムーンライトながら」で帰るのだが当然指定席券は無い。
下り「ながら」は小田原から一部が自由席になる。
小田原まで指定席なのにどういう訳か幾つかは席が空いているので、先頭に並べば多分座る事が出来るだろう。小田原駅で2時間左図の様に待つ。
何とか座ることが出来たので爆睡、終点の大垣では掃除の人に起こされた。


明日は誰にでもある

2006-10-14

結城かな画像


色々考えたりもしますが、とりあえず

大好きな姫様に愛にいくことにします。


TB送信先さんきゅす

061015名古屋Max/Flowers Of Romance

2006-10-15

kana061015_01.jpg

06年10月15日名古屋Max(鶴舞公園/スタジオセンター)
結城かな*橋本舞*浜田翔子*鈴木沙耶香

久々の、そして実は名古屋では初めての4部通し。天気もよく撮影会日和だった。
この日も実は寝坊したのだが、1部から出たかったので1区間だけ(”だけ”というところがセコい)新幹線を利用した。

■今日の姫様(結城かなちゃん)

野外では前半「浜田/鈴木組」後半「結城/橋本組」で入れ替わり、それぞれ2ポジションで撮影。前半組の出番では休憩中の姫様(結城かなちゃん)と喋っていた(実のところ殆どマイマイと喋っていた)ので殆ど撮っていない。
「結城/橋本組」ではマイマイも撮っておきたかったので、最初にササッと撮って、後はかなちゃんに専念した。

kana051015_02.jpg1部(鶴舞公園/私服)

ミニのワンピース、花柄プリントのスパッツ、エンジニアブーツ、紺のパーカー。
姫様(結城かなちゃん)のテンションは何時もの様に高いのだが、少しまったりとしていて「東京で会う姫様」のようでもあった。

初めて行く鶴舞公園は、狭い空間に変った建造物、池、野外ステージなどを”これでもか”と配置した、よく言えば「盛り沢山」で関西人の俺から見ると名古屋らしい公園。
画像は野外ステージ客席のベンチでのポジション。

kana061015_03.jpg2部(鶴舞公園/私服)

白いロングのニットカーディガン、ニーソックス、白黒コンビの靴、
ちゃんと下にはショートパンツをはいてます、自らめくって見せて参加者を驚かせていた。
あんまり、そんな事して欲しくないなぁ ワラ
画像は川(水は無い)にかかった橋の上から、木陰で光が綺麗だった。

スタジオセンターに場所を移し、ローテーションは上手の座りポジが浜田→結城→橋本→鈴木。下手の立ちポジは鈴木からという事になる。

kana061015_4.jpg3部(スタジオセンター/水着)

野外でも
姫「今日の3部はいい。昨日の晩、自分で作った」
と宣伝していた、自慢のコーディネート。
何を作ったんだ?と思っていたけど、こういうことだった。
切り裂いたTシャツ、白いビキニ。赤い薔薇もご持参。
サインの時、
「黒と黒の方が良かったんじゃない?」とか話したけど、写真を見ると白と黒もいいね。やっぱりフリルはどうかと思うけど。

水着を載せるのはやはり抵抗があるのだけど、
自慢のコーディネートらしいし、
「名古屋の椅子、キタ━━(°∀°)━━!! 」(謎)
という事で掲載しておきます。

kana061017_05.jpg4部(スタジオセンター/ハロウイン)

魔女。
そう言えば「魔導士」でしたね。

「Trick or Treet」とか前からよく言っていたが、
朝から
姫「かぁこな、ハロウインが好きやねん」などと言い、
Liptonのペットボトルにオマケで付いてるハロ仕様のキティちゃんを携帯に付け披露していた。
皆さん、次の休みにはきちんと買いにいって手渡していた。マメな事だ。
日本人のくせにハロウインもくそも無いやろとか思うのだが、
俺も買いにいったのは言うまでもないだろう。

まとめ)
浜田翔子ちゃん参加もあって多めの人数だったが、適当に人がばらけていたので野外、スタジオ共にそこそこ撮る事が出来た。
Super-GT(オートポリス)の裏だった事も関係しているのだろうか。
ちなみに「翔子ちゃん云々」と書いたが野外では姫が一番人気だった。

■姫さま以外のモデル

mai061015_01.jpg橋本舞ちゃん

会う度に「それらしく」なっていくマイマイである。
この日カードだけは作って持って行ったけど、誕生日を祝ってあげれなかったのは残念だ。

hamada061017_01.jpg浜田翔子ちゃん

相変わらず、問答無用の可愛さ。
マス的には人気急上昇なのだが、朝は「翔子隊」が少なかった。



■今日の俺様(駄目人間)
kana061015_06.jpg撮影)少しコツを掴んだような気がしていたのだが、そうでもなかった。
安定しない。
撮りたい感じを絞っていければいいのだが、ド下手なのでままならない。

姫様)甘えてばかりでごめんねとしか言い様がありません。






現在10/22 14:00。
なかなか、時間が作れなかったので更新に一週間かかってしまった(汗)
kana061017_07.jpg

(了)

■PUNK(引用の解説)

所詮は

kana061017_09.jpg


先の続き。

昨日書いた文章が余りに酷いので、とりあえず削除しちゃいました。
そのうち書き直して、秘かにUPします。

橋本舞/お誕生日おめでとう

2006-10-25

PICT0465.jpg


橋本舞ちゃん、
お誕生日おめでとうございます。


PICT0052.jpgPICT0151.jpg


多分見てないと思いますけど、オメデトです。
バースディ撮影会には行けなかった、チャットも行けません。

これからも
マイマイの成長を見守っていきたいと思います。

撮影会と写真と

2006-10-27

bara_1.jpg


先日、あるタレントさんの撮影会に参加した友人のブログに「時間が足りなかった」というような記事があった。
いわく「2回、回って来るかどうか」
なんだ、普通じゃん(爆)

結城かなさんの場合(特に名阪)だと彼女を撮りたい人は多いので、あまり時間はない。
なかなか回って来ないのにも、うんざりしながらも慣れてしまった。
一度も回らない間にローテーションとか声が掛かり、いじましく2、3枚撮らせてもらったこともあった。
こうなってくると何が撮影会なのか、よく判らなくなってくる。

そもそも「写真」てなものに、たいして興味があったわけでもなかったのに、最近は撮りたい気持ちになってきてる。
不思議なものだ。

今日は沢山とれるかな。

新城劇場

2006-10-28

kana061017_10.jpg



筋書きがあるかのような素晴らしい幕引きでした。
今回のシリーズは新城と共に記憶される事でしょう。

思えば貴方は阪神暗黒時代の光りでありました。
92年、ともに甲子園を沸かせた亀山はもういない。
FAでアメリカに行くと知った時は悲しいともに、「阿呆かコイツは」と思いました。
人生色々、全ての事はたまたまに過ぎない。
意志の力で自らの野球人生を新城劇場に手繰り寄せた新城はやっぱり凄い奴だと思いました。

新城のように騒がれる事はありませんが俺のしょうもない人生もドラマです。

くじけぬ心と朗らかさ。
「俺らしく行くばい」ということで今日もがんばりんこです(あれ?)
まぁ行くのが撮影会なのが情けないところですが。


061028Max撮影会/ハピハピオータムウエディング

結城かな画像

06年10月28日Maxプロデュース撮影会(哲学堂公園/Maxスタジオ)
結城かな*星河ゆかり*楠織あやの

疲れた体に鞭打ち参加してきた。
様々な事情から予想した通り参加者少なめ。ゆっくり撮れた。

■今日の姫様(結城かなちゃん)

初めて行った哲学堂は、なかなか変わった面白い処でした。
誰に聞いても「此処が何なのか」知らないというので少し調べてみた。

哲学堂公園;
哲学者であり、哲学館 (現東洋大学) を創設した教育者である井上円了が、人々の精神修養の場として明治39年につくった、社会教育のための公園。
園内には、世界の哲学者を祀った六賢臺や四聖堂などの他、多くの古建築物が保存されており、
園内到る所に哲学に由来するユニークな名前の坂や橋などが点在する「哲学のテーマパーク」。

kana061028_02.jpg1部(私服/哲学堂)

黒地のシャツ、黒いショートパンツ、白いウエスタンブーツ、
腰には最近買ったというピンクのベルト。
髪型についてだが、
姫「してみたで」
俺「?」
以前、当方の撮った浜田翔子ちゃんの写真を見ながら「こんな髪型もしてみ」とか会話した事があった。気付きませんでした。
すいません。
もちろん可愛かったです。

PICT0128.jpg広場の真ん中にずっと座っていた、かなりの老猫。
回りの動きに動ずる事もなく、ひたすらじっと座っていた。
2部の前の休憩時、ちょっかいを出してみた、
最早、目もあまり見えないようだ。
人なつこい猫だったので、
しばらく喉をなでたりして遊んであげた。仲良くなったので撮影してあげようと思ったらそっぽをむかれてしまった。
奴は今日も座っているのだろうか。

結城かな画像2部(私服/哲学堂)

2部は哲学堂の中心部を下り池や廻りの川辺で撮影。
画像は池に降りていく階段(というのかな)から。
前身頃にフリルの白いブラウス、黒いちょうちんブルマみたいなショートパンツ、白いウエスタンブーツ、ドクロの柄のタイ。
赤いハートの大きなロケットをしていたのだが、
「どう?」と聞かれたので
「(要素が多くて)うるさい」というと、とってしまいましたとさ(汗)
参加者が適当に分散され、
ゆっくりと撮影出来、姫様とまったりと時間をすごせるのが東京のいい所。
姫様中心に撮影し、共に休憩する(苦笑)いつものスタイルだったが、
この日は、少し「他のモデル」さんの処へお邪魔させて頂いても、姫様と楽しむ時間の余裕があった。

昼食、
何故か「や○」君がいた。多分TDP君に用事でもあったのだろう。

結城かな画像3部 前半(私服/Maxスタジオ)

白いミニのワンピース、白いウエスタンブーツ、黒いタイ。

スタジオに移動し参加者数が微増したが、
まだまだ、ゆっくりと撮影が出来る感じだった。

野外にて
姫「今日の3部は凄いで、ウエディングやで」
俺「小倉(呼び捨てかい!)みたいなんんか」
姫「手作りやからなぁー、そんな豪華じゃない」
ということで

結城かな画像3部 後半(水着/Maxスタジオ)

本人いわく「最近は力をいれている」水着です。
ウエディング。
ケープの根元のお花、指、足の指、に付けたお花がとても可愛い。
ケープのフワフワ感が足りない感じがして、
印象としては花嫁さんというより「アラビア」という感じを受けていたのだが
こうして見ると妖精チックでいいですね。

3部終わりのサイン会、モデルさんはグランドコートの下には次4部の衣装を既に着ている事が多いが、姫様の足元にはルーズソックス。
「(4部のコスプレは)また制服すかぁ、、」
「あれ、4部は水着からのはず」
「いかにも、やりそうな事だけど、、、」
当たっていた。

結城かな画像4部 前半(水着/Maxスタジオ)

引き続き、本人いわく「最近は力をいれている」水着です。
白い毛糸の帽子、エメラルドグリーンのマフラー、青いタンキニ、白いルーズソックス、
テーマは冬だそうで、雪の降る様子を演じたりしていた。
座りポジションの白バックの方が綺麗に見えた。
帽子がとても可愛かった。
「どうやった?」と聞かれたので
「色が多くてうるさい」と答えておいた ワラ

結城かな画像4部 後半(コスプレ/Maxスタジオ)

季節ものです、ハロウイン。
ハロウインなんでしょうか、これは。
帽子のせいか「リボンの騎士」を思い出した(古)
剣でも持っていただきたかったところです。


まとめ)
各部12人前後くらいの参加者がいたのですが、かなちゃんに張付いてる人より楠織あやのさん(数枚撮らせていただいたのですが許可をいただいてないので掲載しません)に張付いてる本格”撮りヲタ”の皆さんの方が数が多い感じだった。
アバヲタ勢、名古屋組、(大阪組の人は東京ではあまり見ない)が大挙して押し寄せて来ないとこんな物かな。
当方としては、ゆっくり出来ていいのですけどね。
姫様もまったりと楽しそうでした。

■他のもでる様
hosikawa061028_01.jpg星河ゆかりさん

姫以外のお二人はアバン、ディライト、所属ではなかったので、俺にはあまり馴染みが無いというか、どちらが誰でというより、名前さえ知りませんでした(失礼)
姫の休憩中は姫と遊んでたのですが、彼女を撮る方が少なかったので、スタッフさんに目で呼ばれた気がしてお邪魔させていただいた。
「綺麗なお姉さんは好きですか」という感じで普通に綺麗な方。
喋ってみると気さくな方で、俺にも馴染み深い広島出身だそうです。
手慣れた方でそれなりの雰囲気を出して下さるので撮り易い、俺の事を「お洒落ですね、コーディネートが決まっていて目立ってました」と誉めてくれたので(爆)各部少しづつですがコンスタントに撮らせていただき、楽しませていただきました。


PICT0231.jpgMD_PICT0184.jpg

061028Maxナイト撮影会

姫様(結城かなちゃん)の撮影会の後、飯喰って酒飲んでから、スタジオに戻りナイト撮影会の2部に参加してきた。

■木村彩花ちゃん

ayaka061028_02.jpg

ayaka061028_01.jpgaya_tです。
久し振りのaya_tです、ついつい「おまえ」呼ばわりしてしまい「おまえとか言うな」と怒られてしまう彩花さんです。
この娘はやっぱり人を呑んでかからないと駄目だな、東京がいいな、と思った。
aya_tは意外と(失礼)いい娘で、計算の無い娘のような気がする。
実はけなげに頑張るaya_tです、とか言うとまた怒りそうなんですが。


■綾瀬まきちゃん

maki061028_01.jpg

maki061028_02.jpg名前も知らなかった訳なんですが、、、、
この娘はいい!!
面白そうなやし。背も高くて(166cm)カッコいい。
撮るのが難しいというか、実物の方が大分いいな。
とりあえづ、事務所に宣材写真は絶対変えさせないと駄目や(苦笑)
blog見たけどヲタヲタなんだね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。