水着美少女@サカユニ系

2006-06-01

ttl_movie2002.jpg


■もうすぐW-cup
ということでサイドにこんな物を貼ってみた。
試合の予定と結果が判るようだ。
実の処、最近はサッカーに限らずテレビを殆ど見ていない。W-cupもどうせ忙しいだろうから見る暇もあまり無さそうだ。
夜中にサッカーを観て日本に居ながら時差ぼけ状態になってるような場合でもないのだが、何とか少しは時間を確保したいものだ。


昨夜は日本VSドイツ戦があった。関西では放送が無かった(はず)。
2対2でドロー。
最近、マトモに見た事がないので何とも言い様がないのだが、健闘だろう。
独側から見れば「あやや」というところか。
現監督クリンスマン氏、前監督フェラー氏がFWの頃のドイツは強力だった。
退屈と言えば退屈だったが、
ゴリゴリと相手をハンマーでしばき続けるようなサッカー。
「勝った方が強いのだ」という感じで強いとまだ値打ちがあったが
近年はつまんない上にたいした事ないという印象、02日韓大会ではファイナリストだったわけだが、最近はどんなサッカーしてるのだろう。

■ここから本題
アバンギャルド最新情報によると

携帯サイト「ワニブックス@モバイル」
6月7日「水着美少女@サカユニ系」コーナー6月更新分にて サッカーユニフォーム姿と水着姿で結城かなさん登場
http://www.wani.co.jp/mobile2/index.asp


ここでかなちゃんが着ているユニホーム、これってドイツ代表06バージョンだよね。これが書きたかっただけだったりする。

060603Max撮影会/今日もハピハピ

2006-06-03

結城かな 画像

06年06月03日Max撮影会3、4部(Maxスタジオ)
結城かな*永島さや佳*鵜飼りえ

姫(結城かな)には判らないと言っていたが、今回は行くつもりはなかったのだが、前日になって自分に負けてしまった。
予めバスを予約してるのだから「負けた」モクソもないのだが、、、
午前中お仕事をしてから3、4部と参加。

■遅刻しました
時間的に無理があったので当然の如く遅刻。幸い思ったよりは混んでいなかった。
結城かなさんの前半立ちポジションにはかろうじて間に合うことは出来た。

■今日の姫様(結城かな)
3部は立ちポジションは少し暗め、アンバー系。黒い紗を天井から垂らし立ち位置後方、両サイドから3灯のスポット。
座りは後に銀色の箔を張り巡らした明るい感じの設定。
なお3、4部とも前後半で衣装チェンジがあった。

kana060603_01.jpg3部前半(私服/Maxスタジオ)

前述の如く遅刻したので、既に姫のポジションが始まっていた。他の人の撮影中だったがスタジオに走り込んできた俺に手を振ってくれた(汗)

最近買ったと言う背中の開いているのが本人曰くポイントの白黒ボーダーのカットソー。カーキ色のサブリナパンツ。サボ。
手には向日葵を持っている、明るい彼女には向日葵はよく似合う。

kana060603_02.jpg3部後半(水着/Maxスタジオ)

黒のビキニ。Max関係でよく目にする左胸とパンツに薔薇の花の刺繍がワンポイントの如く入っている水着。
両手首に黒いレースのリボンを巻いている。
姫様(結城かな)は色っぽい。


4部は立ちポジションは青い光が印象的な暗めの設定。座りポジションは背景はオレンジと赤の水玉のカーテンが70年代ぽい、柔らかめの光でややアンバー。

kana060603_03.jpg4部前半(水着/Maxスタジオ)

ネイビーのタンクトップ風ビキニ、タンキニとでも言うのだろうか?筆者はよく知らない。
下はホットパンツ風。


kana060603_04.jpg4部後半(ドレス/Maxスタジオ)

ドレス 本人曰く「きち○い」(苦笑)
頭は二つ結びで白いレースのリボン。白いサテンのドレスは上はダブルで4つボタンのタイトな印象だが、下はヒラヒラとした感じ。


■問題のドレス

結城かな 画像


本人は「き○がい」と言っていたが、かなり派手だし、訳の判らない物ではある。何故こんな物があるのだろう(苦笑)
これ以降この時の写真を見せると「ヤバい、ヤバい」と本人はよく言っていた。
照れくさくて自分で「ツッコんで」しまうのも判る。
撮影中、ずっと参照すべき物を考えていた。
「格闘技ゲーム」?「TVのヒーロー物」?に近い処に落ち着いている気がしていたが、今見ると意味不明な豪華さは宝塚歌劇団のようでもあるし、その禍々しさは1980年代のアイドル、例えばWinkなどを連想させる。
その辺りを意識して衣装として備蓄されたのかもしれない。
とりあえず、「姫様は何きてても可愛いよ(ハート)」と言うと本人に否定された。

■DVD
「もう買わないぞ」と思っていたがツーショットに負けた。DVD「YOU KEY」を購入(汗)

■プライスレス
何故か久し振りに「歓迎ムード」だった気がする。姫様は言葉通り俺が来た事を喜んでいたように感じられた。
「そうか俺に来て欲しかったんだね」(爆)
それなら、「行ってよかったな」と思う俺は「可愛い」というより「哀れ」という他は無いのだが
マスターカードじゃないけど、姫様の笑顔はプライスレスなのだ(爆)

結城かな画像

pholiot

2006-06-10

結城かな 画像


POQUE.JPのサービスが終了してしまった。
所詮タダだから仕方のない事とはいえ迷惑な話だ。
似た様なモノを探したがPOQUEのように勝手にRSSを読んで画像を表示してくれるツールは発見できなかった。
なので
前に見つけたpholiot、を設置してみた。

色々、調整してみるかと思いつつも、本人でもなく、ファンサイトでもなく、、、、
ひたすら「結城かな」画像を貼り続ける「イタさ」が、
スライドショーの導入により増していくような気がするのが多少気がかりではある(苦笑)

060612結城かなchatbi.com/WM/日本対オーストラリア

2006-06-13

結城かな 画像

こうして見ると姫様と呼ぶに相応しい禍々しい御衣装

07年6月12日chatbi.com結城かな

WM/日本対オーストラリアの話しにも拘らずカテゴリーが姫様(結城かな)かというと、chatbしながらテレビ観戦していたからだ。
なんでもかんでも(なるべく)姫様に関係ずけ、画像を貼る(関係なくても貼る)のが、この馬鹿日記の特徴だ。
病み上がりらしい(?)姫様は少し元気が無い感じだった。
こちらも
サッカーを見ながらだったので集中出来ず、甘い言葉を囁く余裕がなかった。(その様な言葉が必要かどうかは別としてだ)

後半がポイントと思っていたが、chatb修了後、見事に逆転負け。

デッカいフォワードに当てて落とす、単純な相手でしたが、
”それしかない”相手に見事にやられちゃいました。

無念です。

060617Picnic Max

2006-06-17

kana060617_01.jpg

06年06月17日PicnicMax1、2部+バーベキュー(リトルワールド)

■リトルワールド
実以前に一度来た事がある。

リトルワールド

愛知県犬山市と岐阜県可児市にまたがる緑ゆたかな愛岐丘陵の中に、123万平方メートルの敷地を有する世界で初めての野外民族博物館として昭和58年3月に開館。

リトルワールドHP参照

世界のお家を集めたテーマパーク、リトルワールドでの「ピクニック撮影会」に参加してきた。

モデルさん11名、参加者約50名という大所帯。
どちらかと言えば、撮影後のバーベキューがメインのイベント。
撮影会が出来るくらいだから、さぞや閑古鳥もないていることだろう、と勝手に想像していたが、それなりに客も入っており、撮影をしていると「あれは何?」という様な感じで注目を集めていた。
「若い綺麗な娘さん」とカメラを抱えた「おっさん」の集団はさぞ異様だったことだろう(汗)

■□Picnic撮影会編□■
モデルさんを前後半の2組に分け、片方は車で休憩して出てこない。各組5カ所程の撮影ポジションをモデルさんが移動して撮影していくのだが、1カ所当りの時間が元から短いうえに、お目当ての結城かなさんは、人気者なので人が多く列が長い。
事前に予想された事だが、まともに撮れるはずもなかった。
各部は通常のMax撮影会の野外と同じく一時間半くらい。

1部前半組
結城さんは後半組なのでいない。前半では上原沙惠嬢を中心に撮影。

sae060617_02.jpg

1部後半組
■今日の姫様
kana060617_02.jpg1部(私服/リトルワールド)

水色×白のボーダーのカットソーにナチュラルカラーのレースのカーディガン。ジーンズのハーフパンツ。
耳元にはヘリコプターのイヤリングをしている。


■今日の俺様
後半の組は勿論、姫様結城かな嬢を中心に撮影。。のはずなのだが、
1部では、姫に並ぶ→人が多くてあまり撮れない→並ぶのにも飽きる→橋本舞ちゃんの処へ行く→壊れる→これではいけないと反省する→姫に並ぶ(以下繰り返し)。
下画像は橋本舞ちゃん。

mai060617_01.jpg

2部前半組
休憩を挟み2部へ。
結城さんのいない前半では上原沙惠嬢、渡辺結花嬢を中心に撮影。
sae060617_01.jpgyuka060617_01.jpg

2部後半組
■今日の姫様
kana060617_03.jpg2部(私服/リトルワールド)

黒いホルダーネックのブラウス。
肩から背中にかけての大胆な露出が色っぽい。
下はカーキ色の少しだぶっとしたシルエットのカジュアルな綿のパンツにサンダル。


■今日の俺様
根本的に反省し、一番撮りたい姫を撮ることにする。
姫に並ぶ→あまり撮れない(が)→姫について移動→移動先には既に列が出来ている(が)→姫に並ぶ(以下繰り返し)

順番が回って来る前、並んでる間に「ローテーション」の声が掛かり、終わってしまう事の繰り返し(汗)、だったので「あまり撮れない」ではなく「ほとんど撮れない」が正確な表現。殆どの時間を並んで過ごした。凹んだ。
こういう時は1つのポジションを犠牲にしてでも、先手を取っていかないとどうし様も無い。スタッフも沢山並んでいるのだから最初から並んでいる人くらいは回るように配慮してくれないものだろうか。
「お前等、要領だけかましてならぶんじゃねーよ」とでも言いたいところだがそういう訳にもいかない(滝汗)
「ほ●ぽ△が凹んでます」と姫様にも言われてしまった(笑)
そら、凹むでしょ。
というわけで後半組では他のモデルさんは撮らずじまいなのは勿論、結城さんすら少ししか撮れなかった。

■□Picnicバーベキュー編□■
「ここに座り」と姫様が呼んでくれたので、勿体無くも姫様の横の席に座らせていただいた。
睡眠不足に加え空腹、の状態でビールをがぶ飲みしたので酔ってしまい、「肉」は豚肉のみ、あまり良い品ではなく、後は焼きそばなどしかなく直ぐに喰い飽きてしまったが、自分達の席には姫の他、上原沙惠嬢、橋本舞ちゃん、も座り、各モデルさんとそれぞれのファン毎にテーブルを囲み楽しく歓談した。

直前のchatbiでも「ピクニックではファンでテーブルを囲む」と宣言し、大阪の某有名DDの「俺は座らなくてもいいんだ?」と言うツッコミにも「貴方はそれでいいん?」(カーコのファンなの?)とやる気満々だった割には途中で姫は徘徊を始め、結局我々は置き去りにされてしまったが、姫様ととった食事は楽しく良い想い出となった。

最後は恒例の「じゃんけん大会」があった。
翌日「18日アバンRQスペシャル一日通し券」を、なんと俺が勝ち取ってしまった。身に染みて嬉しゅうございました。
嬉しさのあまりワールドカップでゴールしたくらいに壊れてしまった(笑)
後々撮影会の度、姫が「俺の真似」と言ってガッツポーズをしてくれた(苦笑)
kana060617_05.jpg

■お礼
車で送ってくれたDPさん、を始め行き帰り御一緒させていただいた方々、御陰でたすかりました。
写真を撮ってくれたKごんさん、絶対見てないと思うけど、次の日プリントまでしてきてくれてありがとお。プリントに姫様にサインしてもらったので妄想的にはラブラブでする(爆)

060618大阪まいどMaxアバンギャルドRQスペシャル

2006-06-19

kana060618_01.jpg

06年6月18日大阪まいどMaxアバンギャルドRQスペシャル(服部緑地/サンスタジオ)
結城かな*上原沙惠*渡辺結花*井尚美*永島さや佳

■RQスペシャル
アバンギャルドに所属するレースクイーン5名による撮影会。
前日17日のPicnicMaxで無料通し券を手に入れてしまったからには、何時もの様に遅刻は出来ない。駅から、走った、走った。
事前の予想と違い前日に続き晴れ、暑かった。

■今日の姫様
1部)黒ワンピ、ボーダーのカットソー、デニムハーフパンツ、サンダル
2部)グリーンのマドラスチェックワンピ、黒タンクトップ(?)、サンダル
3部)セルリアンブルー地にプリント柄セパレーツ水着、上はタンクトップ風、下はホットパンツ風
4部)RQコス、D&Dの白赤、

おおむね、お元気で楽しそうにしておられました

結城かな画像


■今日の撮影
野外は案外、人少なめで撮り易かった。
1部、終わりから2部の撮影場所の移動の時「フリマ」をやっていたのだが、そこで「ギターを抱えた熊」ぬいぐるみと「ギンガムチェックの象」のクッションを入手した。2部はそれを使って撮影してみた。
昔、書いてた絵<こんな感じ>の資料用にぬいぐるみをつかった写真を撮っていたこともあった。
が、やはり某さんの真似なんです(笑)
その辺の成果はまたいつかblogででも披露したい。

撮影会は部を重ねるにつれ人は増えていき、4部では人大杉。

■2ショット関連
もう買わないぞと言いつつ、2ショットに負けて購入
5+俺ショットというのも4部通し特典であった。

■D&D
今日は姫様はD&Dコス、
キュートでよかったぁー♪

結城かな画像



WMと日本代表

2006-06-25

結城かな画像


内容とは無関係にとりあえず姫様(結城かな)


ここからが面白い、本当の事だが、
あまりそうも言いたくもなく、、、
残念な日本代表の姿ではあったが、急にシュート力があがったり、的確な采配が出来たりするはずもなく、
4年間の(負の)集大成であり
仕方のない結果だろう。
それでも、だましだましで、勝ち上がって欲しかったのだが。

予想(悪い予感)
ファイナリストはブラジル対ドイツで如何でしょうか(笑)

前監督トルシェ氏、前々監督岡田氏のコメントを見てると、冷静さ、的確さを感じてしまって面白い。
自分が監督の時に「そうしとけや」というより、端から見てる時は何でも見えるのだ。

身につまされる事ではある。
「やはり野におけ月見草」
とは言えそんな「山の上のかかし」みたいな人にはなりたくもなく、
渦中においても冷静さを失わず熱い心でありたいものだ、、、、
そんな風にはなれそうもない俺ではあるが、
要は経験値なのかもしれない。

次期監督はオシム氏内定らしいが、
人選はともかく、
リークの仕方が手慣れていて、嫌らしいですな。

逢いたくて

せっかく撮影したのでなんとか(汗)採用してみた。
結城かな画像


くだらなすぎるので、追記にしておいた。
苦笑でもしてください(苦笑すらできないか,,,)
逢いたくて

女囚Σ

2006-06-26

dvd_syoko.jpg■女囚Σ
浜田翔子ちゃん主演「女囚Σ」である。最近この関連の単語で検索して来てくださる方が多い。
一度書いただけだが、単語の組み合わせでこのブログが上位表示されてしまう。
こうやって書くとまたヒットしてしまうのだが、
検索ワードを見ると結構面白い、
「浜田翔子 性の奴隷」とか「浜田翔子 拷問」とか、、、
迂闊な言葉で検索すると匿名とは言えかなり恥ずかしいな。期待に応えられず申し訳ない。
■アイドル撮影会
昨日の日曜は名古屋までMaxアイドル撮影会に行こうかと思っていたのだが、寝坊したのでやめた。
彼女の熱心なファンだったわけでもなんでもないが、このような愚かしい状態に陥るきっかけというか道標の一人なので、それなりにしろ思い入れはある。
■レンタル
撮影会の替わりと言っては何ですが(しかもレンタル、、、)
「女囚Σ」を見た。
浜田翔子ちゃんの演技は????くらいのレベルだが、先輩小倉優子嬢に比べれば大分ましに思える。
ストーリー的には女囚オカルト版とでも言うべき意外な内容。
今まで見たアバン関連の作品の中では「暗さ」に徹している分だけ「まだ」見れた。
肝心の拷問関係(苦笑)だが、
大きすぎる期待は禁物。
あるサイトでは浜田さんの「絡み」のシーンがあるかの様な画像も載せていたが、あれは他の女優、翔子ちゃんにパンフェラなんてさせるわけありません。

■ここから本題
結城かな画像長々と書いてきたが
ここから本題
本作品にはこのBlogの姫様結城かなさんが出演している。
あくまで拷問や性の奴隷が見たかったわけではなく、かなちゃんが出ているから見たかったのだ。

一度さらっと見てみた。
終わってしまった、、、
エンドロールにはかなり大きく名前が出ている。
拷問に気を取られて見逃したようだ。

もう一度じっくり見てみた。
「あぁ、これか」
幸い出てくる人の数が極端に少ないので、少し注意すればすぐに判った。
何度か出てくる、お顔も一応写る、台詞も一応ある。。。。

しかし、あたりまえだが
かなちゃんの魅力が全くいかされていない(爆)

dvd_syoko.jpg
女囚Σ

出演: 浜田翔子 監督: 流石佐輔
2006/6/25 
80 minutes 
GPミュージアムソフト



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。