はぴはぴバースディ

2006-02-03

結城かな 画像 



お誕生日おめでとです。



2日遅れましたがお誕生日おめでとです。

かなさんに会えて本当に良かった、、、、、

かなw

060203Birthday撮影会

kana060203_01.jpg


06年2月3日 Birthday撮影会(Maxスタジオ)
結城かな*飯田ともこ*川口美紗 

Maxスタジオに行ったのは初めてなので、場所が判らなかった。
戸山口から出ればすぐなのだが、早稲田口から降りてしまい、遅刻しそうになり(というか遅刻した)走った、走った。
幸いにも結城さんの順番には間に合ったが、しばらくしんどくて倒れそうだった。

■今日の姫様
kana060203_02.jpg1部(本人セレクト/Maxスタジオ)

黒いフォーマルなドレス。
裾が斜めにカットされフリルがついている、今から思えば少しラテンぽい。
頭の花はブーゲンビレアだろうか。

当時、親交のあった某氏(今は行方がしれない)が投稿してくれた写真を見ていただくとよく判ると思う。 
趣味の写真館



スタジオに登場したかなさんがいきなり発見してくれ、「あぁ〜♪」と喜んでくださった、
楽屋からポジションまでずっと俺の方を向いて手を振っていた。
何が起こったのだろうというくらい喜んでくれていた。
「来て良かったな」と内心思ってしまう俺は我ながら哀れというか可愛らしいというか、、、、
(作者注:後にも先にもこの日くらい、喜ばれたことはないとおもう)

言うまでもないが
かーちんめちゃかわ (アホか俺は、、、汗)

ローテーションは上手立ちポジから川口→飯田→結城。
遅刻して1ポジ目を逃した事もあり殆どかなさんしか撮れなかった。

かなさんは自分でも言っていたが、かなり機嫌が良いように感じられた。

「痩せた?」
と撮影中やサイン会と何度も聞かれた。
痩せてはいないけどなぁ、多分。太っていく一方です。
やつれたかもしれないが。

そして2部はお誕生日会でした。

kana060203_03.jpg

かなさんは2月1日、飯田ともこさんは2日、川口美沙さんは5日。
誕生日の近い3人のお誕生日会がおこなわれたわけだ。

kana060203_04.jpg2部(お誕生日会/Maxスタジオ)

2部はバースディパーティだったが、撮影も少し許可されていた。

今、写真を見るとかなちゃんだけ「お色直し」をしている。
黒のドレス、ウェストの高い位置に薄いピンクのリボンが付いている。
頭には何故か「うる星やつら」のラムちゃんのような鬼の角を付けていた。

後の人の顔がはっきり写っていると不味いので、思いっきりぼかしている。ちなみに当時のディライトのマネージャーM氏なのだが

かなさん、自らケーキを取り分けてくれた、ハピハピ

あまり来ない人&新参者というか、上京して撮影会に出るのは初めてだった。
「遠くから来てくれた」(実際にはもっと遠い人も居るのだが、、汗)という感じで終始歓迎、気を遣っていただいて本当嬉しかった、ハピハピ

■姫様の衣装
かなさんのブログで
「衣装をパンクでいくかドレスっぽいモノでいくか悩んでいる」という様な記述があった。
かぁちんのハピハピ日記

結局ドレスっぽいモノにしたのだろうけど、
単純にドレスっぽいモノにしたとは思えない感じがした。

映画「ニキータ」のニキータ(アンヌ・パリロー)のような風情、
ずっと後でかかっていた椎名林檎のような風情があった。

御本人の資質としてそういう雰囲気があるからだろう。

「今日はお嬢様やねん」
とおっしゃてた御本人的にこんな感想は迷惑かもしれない。

結城かなさんは「服に着られない」存在感のある人だと思った(誉めすぎか)
さすが未来の大女優

<この記事はヤプログから移植され06.12.08に加筆、修正したものです>
ヤプログ:アーカイブ#71


馬鹿らしい話

060206「優子がゼッタイ」公開収録/「かーこがゼッタイ」

2006-02-06

結城かな 画像


06年2月6日「優子がゼッタイ」公開収録(サンシャイン栄)

昨年(05年)は年末までは皆勤、毎回見に行ってたのだが、平日に無理に空けて名古屋まで行くのは正直暫くしんどいので一度皆勤が切れてしまうと続かない。
今回も忙しいので全然スルーするつもりだったが
御自分のブログの告知により
昨夜かぁこ姫がお出になられることが判明した。
、、、遅い、遅すぎる(苦笑)
どうすべきなのか、それなりに悩んだのだが、
ご無沙汰していた「優子がゼッタイ」公開収録一応行ってきた。

小倉優子さんの冠番組
「優子がゼッタイ」(中京テレビ)

番組の公開収録はサンシャイン栄3階のカフェ「Soy-ya」で行われていた。
番組は当初視聴者の投稿を流行らせようという流行発信番組だったが、終盤では殆ど手品番組と化していた。
ちなみに結城かなさんの出演は昨秋以来、2回目となる。

とは言っても
お仕事の都合もありますのでかなり遅くなってしまった。

更にかぁちんに先日のバースデイ撮影会の画像を使った”記念品”を進呈しようと思ったのだが、
更にプリントアウトする暇がなく
更に栄のキンコーズで出力しようとしていた上記のイラレのデーター(上記参照)がぶっつぶれており
かなり悲惨な結果に、、、、、(泣)

更に会場についたら既に終了直前、

椅子に座っている「あの娘」の姿は確認できたのだが、直ぐに終わってしまった。

で最後の出の時声を掛けたら、
「あつ」と言って驚いてくれたのだが、スッと行ってしまった。
エスカレーターまで追いかけていったのだが話す余裕は無かったな。

プリントは渡せたが、
かーこちゃんを応援する事、勇姿wを見る事、何も叶いませんでした  org

俺は何をしに行ったんだろう(涙)

かぁちん、久し振りのゼッタイはどうでしたか?
緊張せずに上手くできたのかな。

絵を描く話

2006-02-18

展覧会以降、全然絵筆を握っていなかったが、「画家リハビリ」を開始した。
どんな絵を描いているのかというとだね、
まぁ「なんちゃって具象」というところか。具象というのも違う気がするので人に聞かれた時は大体そんな感じで答えるのだけど、相手に美術の知識、アートシーン(糞w)への関心が無かったりするとこれでは殆ど説明になっていないだろう。


少し事情もあり、一枚仕上げた。
ターレンスのクイックドライメディウムは早く乾くので助かる。
水曜に始めて特急でやった、仕事が忙しいから夜なべ作業で睡眠不足もいいとこだ。

中途半端に似せようとしたのが少しまずかったな。やはり写真を見て書くのはもう辞めた方がいい。


とりあえづ、今日の着地点はこれくらいか

PICT0002.jpg
 
 「姫とミュウ/something in the bedroom」
  F0 oile on canvas

カメラ!カメラ!カメラ!

カメラの中、3秒間だけ僕等は恋をする



永遠は一瞬にすぎないように、
一瞬が永遠につづくことも僕は知ってる

結城かな 画像



  

060219大阪まいどMAX

2006-02-20

2月19日 大阪まいどMAX



結城かな 画像



一応1〜4部まで申し込んでおいたが、体は休みの日である事をよく御存知のようで起きてくれません。
2部さえ遅れそうになり、というかしっかり遅刻。
今日もよく走った。
撮影会の度、よく走ってる。
毎日、撮影会ならさぞ健康になると思われ、、、
まぁ、その前に破産するだろうが。

今日はテンションあがらんかったなぁ
カメラの設定が無茶苦茶だったので、酷いのばかりで凹んでます。
東京で渡せなかったオタオメプレができたんで
せめてもの救いになりました。

あぁ!女神様

2006-02-24

結城かな 画像

あぁ!女神様
私にだけ一日に28時間ください、、、
続きを読む

スナッチ

2006-02-25

スナッチっていつやってるの
スナッチってどうしたらみれるの
教えて、お姫様
(アルプスの少女ハイジ「教えて」のメロディーで読んで下さい)

結城かな 画像


もう終わってるって、、、
セットして出かたが完全に違う番組が録画されていた。

■後日談
スナッチというのはMBS(毎日放送)で放送されている商品紹介の小番組である。ディライトのタレントや渡辺結花嬢も出演されている。
この番組に結城かなさんが出演された。
ところが何時放送されるのか全く判らない。結局誰も見れなかった。
後日聞いた話しだが、偶々、俺の知り合いが偶然「番組」を見たらしい。残念ながら彼は殆ど「関係の無い人」で、結城かなさんについても友人である当方のblogで見て知っているだけなので詳しくは覚えていなかった。
なんでもアサヒ「豊潤」の紹介をしたらしい。
本人に確認したのだが「ビールはビールではなかった」らしい。

飯田ともこ/70's

2006-02-26

ヘッダの画像を変えてみた、結城かなさんヘッダも既に5代目だ、それ以前は画像は貼ってなかった。
(管理者注:このようなもであった→こちら
本人としてはトーレヨハンソンがつくるCDのような70'sのイメージのつもりだ(苦笑)

結城かな 画像


画像は2月19日大阪まいどMAXで撮影したものだが
当日、滅茶苦茶な高感度で撮影していた(馬鹿)のでノイズがもの凄く、補正してもクリアーとは正反対なイメージにしかあがらない。
この悪い画質が、モデルさん2人(かぁーちん、いいともちゃん)の衣装とも相まって70年代をイメージさせる画像にあがっている。

結城かなさんは、当然だがまだ産まれてはいない(85年生まれ)

調子に乗って、
飯田ともこちゃんの来るべきレコードデビュー(CDではなくレコードだ)??に備えてジャケットを制作してみた。

飯田ともこ 画像

白いギターでアルペジオしたくなる感じだ(苦笑)

飯田ともこ 画像小倉優子ファンにもお勧めの逸材
飯田ともこ
☆GO GO ともちゃん日記ちゃん☆


いいともちゃんだが、良いモデルさんだと思う。

かなさんとMax撮影会で一緒に出る事が多かったので何度も撮影させていただいた。
3月は違う組なので残念ながらあまり撮る機会はないだろう。

いいともちゃんだと自分の撮りたいイメージ(一応あったりするf^_^;)が簡単に撮れる気がする。
ポーズや表情に説得力があるし、
彼女の出してくる「少女的クールさ」はなかなか他では無いものだ。

無茶苦茶にはっちゃけた性格と、対照的に憂いのある表情。
彼女自身も好きだと言う小倉優子さんの撮影会時代はこんなんだったのかも、と想像してみたりしている。


画像だが「小倉さんばり」だと思うのだけど、如何だろうか?
もう少し大きいのがこちらに掲載してある。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。